遺品整理コラム

相続不動産・空き家を売るのに残っている家財を撤去しないといけない?

一般的に、家を売る際には、購入者に空家を提供するために、所有者が残っている家具や動産を撤去する必要があります。家具や動産は個人の所有物であり、不動産の一部ではないため、売却時に撤去されることが一般的です。
ただし、一部の例外も存在します。例えば、売買契約や交渉によって、家具や動産を含めたまま売却することが合意される場合があります。これは、売主と買主の間で合意が成立した場合に限られます。したがって、一般的には、家を売る際には、残っている家具や動産を撤去する必要があります。ただし、具体的な契約や合意事項に基づいて、異なる取り決めがなされる場合もあるため、売主と買主は契約書や法的なアドバイスに基づいて進めるべきです。

目次

家の中の荷物の取り扱いには注意が必要

家を売る際には、家の中の荷物の取り扱いには注意が必要です。所有者や関係者が部屋に残している家財や生活用品は、彼らの所有物であり、勝手に処分することは法律で禁じられています。

家を売る際には、以下の手順を通じて荷物の取り扱いを行うことが一般的です。

  1. 所有者へ連絡: 家を売る意向を伝え、彼らに荷物を取り出すよう依頼します。所有者が同意する場合は、適切な日程や方法を話し合いましょう。
  2. 移動または処分: 所有者が荷物を取り出すことに同意した場合、彼ら自身で荷物を移動するか、必要に応じて適切な方法で処分します。彼らに移動や処分に関する支援を提供することも考慮してください。
  3. 離婚した相手の家財や生活用品: 離婚した相手が部屋に置いたままの家財や生活用品がある場合は、所有者に対して同様に連絡を取り、荷物の取り出しや処分方法を話し合いましょう。離婚協議や判決に基づく取り扱い方法がある場合は、それに従う必要があります。
アイコン名を入力

不動産の売買においては、売買対象は不動産(土地や建物)です。一方、動産は移動可能な財産であり、不動産の一部ではありません。そのため、不動産の売買においては、不動産の撤去は必要ありません。

動産は、撤去が原則、動産と不動産の区別

不動産と動産は、法律上の区別です。以下にそれぞれの意味と区別について説明します。

  1. 不動産(ふどうさん): 不動産は、土地や建物のような地上にある物を指します。具体的には、土地、建物、マンション、アパート、倉庫、工場などが不動産に該当します。不動産は地上に固定されており、移動や転送が容易ではありません。不動産の売買は、不動産登記などの手続きが必要です。
  2. 動産(どうさん): 動産は、移動可能な物を指します。具体的には、現金、車、家具、機器、貴金属、株式、債券などが動産に該当します。動産は所有者の意思によって自由に移動や譲渡ができます。動産の売買は、契約書や領収書などの証拠が必要です。

不動産と動産の区別は、法的な意味合いがあります。たとえば、不動産の取得や譲渡には契約書の作成や登記手続きが必要ですが、動産の場合は契約書だけで取引が成立することが一般的です。また、不動産は土地や建物などの所有権を取得することができますが、動産は所有権の移転や譲渡が容易です。

ただし、具体的な取引においては、不動産と動産の境界が曖昧になることもあります。たとえば、建物に設置された家具や機器は動産とされますが、建物自体は不動産とされます。法的な観点から、不動産と動産の区別を正確に理解し、適切に取引を行うことが重要です。

家の売買で家財(動産)は、なぜ撤去が必要?

不動産の売買において、家財(動産)を撤去する必要がある理由はいくつかあります。

  1. 不動産の所有権の明確化: 家財を撤去することによって、不動産の所有権を明確にすることができます。家財が残されていると、買主が不動産を購入してからも家財の所有権が曖昧になり、トラブルの原因となる可能性があります。買主が所有する不動産には、売主の所有物が残っていないことが望ましいです。
  2. 汚れや損傷の防止: 家財を撤去することによって、不動産の内部や外部を汚れや損傷から保護することができます。家財があると、移動や搬出の過程で床や壁に傷がついたり、物がこすれて傷んだりする可能性があります。買主にとって、新たな不動産を清潔で無傷の状態で受け取ることが望ましいでしょう。
  3. スペースの確保: 家財を撤去することによって、不動産内のスペースを確保することができます。買主は、自分の家具や所有物を配置するために不動産内のスペースを必要とします。売主の家財が残されていると、買主が自分の物品を配置するスペースが制限されてしまいます。
  4. 引っ越しの準備: 家財を撤去することによって、売主は引っ越しの準備を進めることができます。不動産の売却後、売主は新たな居住先に移動する必要があります。家財を撤去しておくことで、売主は引っ越し作業に集中することができます。

これらの理由から、一般的には不動産の売買においては、家財の撤去が必要とされます。ただし、特定の条件や契約で異なる場合もありますので、不動産の売買契約書や地域の法律に基づいて手続きを行うことが重要です。

家財の撤去はいつやればよいの?

不動産の売買における残置物の撤去のタイミングは、個別の契約や地域の慣習によって異なる場合があります。一般的には、以下の2つのタイミングが考えられます。

  1. 売り出す前に撤去する:残置物を取り除いてから不動産を売り出す場合、物件の魅力を最大限に引き出すことができます。潜在的な買い手にとって、物件内がきれいで整理されている方が魅力的に映る場合があります。また、物件内に残置物がないことで、買い手との交渉や引き渡しの手続きがスムーズに進む可能性もあります。
  1. 契約終了後、登記までに行う: 残置物の撤去を契約終了後、登記手続きまでに行う場合もあります。これは、売買契約が成立した後、実際に物件の引き渡しや決済が行われるまでに時間がかかる場合に一般的です。契約終了後に残置物を撤去する場合、売買契約の条件に残置物の処分に関する取り決めが含まれることが一般的です。

売り出し前に家財を廃棄した方が良いケース

売り出し前に家財を廃棄することは、

  1. 建物の魅力を最大限に引き出すため: 家財の廃棄によって、部屋の広さや明るさを強調することができます。家具や物品が多いと、部屋が狭く感じられたり、見た目がごちゃごちゃしてしまう可能性があります。空間を広く見せるためには、家財の最小限の配置が有効です。
  2. 買主の想像力を刺激するため: 家具や物品があると、購入者が自分たちの家具やインテリアをイメージするのが難しくなります。空間を無駄なもので埋めず、バイヤーが自分たちのアイデアを思い描きやすい状態にすることが重要です。
  3. 建物の状態を明確にするため: 家財を廃棄することで、建物の傷みや修繕が必要な箇所を正確に把握できます。家具や物品があると、潜在的な問題や傷みが隠れてしまい、見落とされる可能性があります。売り出し前に修繕やリフォームの予算計画を立てるためには、建物の実際の状態を把握することが重要です。

登記まで家財を撤去すればよいケース

一方、一軒家の売買で古家の場合は、家・室内に家財(残置物)が残っていることは、法律上で問題があるので、取引を行う時には残っていないことが必要ですが、購入後解体をすることを計画している場合では、建物を再利用しないので所有権の移転前までに行われていれば問題がありません。解体しなくてはいけない古家ならば家財をのみしたまま売り出しでも売買価格への影響や販売の支障にならないでしょう。

家財廃棄、遠方なので誰に頼んだらよい

遠方での家財廃棄について、以下の選択肢が考えられます。

売買を担当してくれた不動産会社に頼む:不動産会社は、売買手続きの一環として家財の廃棄をサポートする場合があります。まずは不動産会社に相談し、その対応方法や手数料について確認してみてください。
ネットで業者を探す:インターネット上には、家財の廃棄を専門とする業者や引越し業者が存在します。遠方での手配も可能な場合がありますので、インターネットで検索し、複数の業者に見積もりを依頼して比較検討してみてください。
買主さんに売買代金から費用を引いて頼む:もし売買代金に余裕がある場合、買主さんに家財の廃棄費用を引いて頼むこともできます。ただし、買主さんがそのような手配に同意するかどうかはケースバイケースですので、事前に相談し、合意を得る必要があります。
近くの親戚の方に頼む:もし近くに親戚の方がいる場合、手伝ってもらうことも選択肢の一つです。ただし、親戚の方が忙しかったり、負担が大きい場合は他の方法を検討する必要があります。

選択肢は状況や条件によって異なりますので、各選択肢のメリットやデメリットを考慮し、最適な方法を選んでください。また、具体的な状況によっては、複数の選択肢を組み合わせることも可能です。

埼玉で売却に伴う遺品整理業者をお探しなら

春日部市の片付け屋では、家の売買に伴う遺品整理や家財処分を安心してお任せいただけます。家を相続した際の売却の相談から、家財の廃棄や空き家のメンテナンス、さらには空き家の管理など、幅広いサービスを提供しています。店長は空き家管理士の資格を持ち、経験豊富な専門家ですので、お客様のニーズに合わせた的確なアドバイスやサポートを提供します。家の売買や相続に伴う遺品整理は重要なプロセスですが、私たちはお客様の負担を軽減し、安心して手続きを進められるよう、丁寧かつ迅速な対応を心がけています。春日部市の片付け屋にお任せいただければ、遺品整理や家財処分に関するお悩みを解決し、スムーズな家の売買をサポートいたします。店舗紹介